私達にとって一番身近な病気と言えば風邪でしょう。
少し発熱したり咳が止まらなかったり、または頭痛がしたり倦怠感があったりといった場合には、まずは風邪を疑う人が大半でしょう。
ほとんどの場合は安静にしていれば数日で完治してしまいますが、同じ風邪のような症状でもなかなか治らない病気があります。
それはインフルエンザです。
風邪ととても良く似ている症状の病気ですが、風邪と違って40度近い高熱が出るので、風邪と違ってインフルエンザに感染してしまうと自分一人で何かするのも困難な状態になってしまいます。
また、インフルエンザはとても感染力の強い病気としても知られています。
インフルエンザの原因となるインフルエンザウイルスはとても小さく、普通のマスクをしたぐらいでは感染を完全に防ぐことは出来ません。
インフルエンザが感知しない状態で無理に行動しても、それは周囲にインフルエンザウイルスをまき散らす結果となるので大変危険です。
そんなインフルエンザの治療にとても効果的な薬として開発されたのがタミフルです。
このタミフルはとても有用な薬ではあるのですが、それと同時に使用した際に異常行動をとる人間がいるとしてタミフルとの関係性が指摘されています。
中には中学生が自宅マンションから飛び降りて死亡するといったケースも見られ、タミフルと異常行動の関係性はまだ完全にあきらかになっているわけではありませんが、現在では異常行動が多く見られる10代への使用が禁止されています。
それ以上の年齢の方でも、服用した場合には十分に注意しなければいけません。
最近ではタミフル以外の抗インフルエンザ薬でも異常行動が見られるといった報告もありますので、使用する際には注意すると良いでしょう。

インフルエンザはすぐに治療しよう